カテゴリ:祈り( 12 )
空を見上げて
a0054232_221894.jpg


今はこんなに悲しくて 涙もかれ果てて
もう二度と笑顔には なれそうもないけど

そんな時代もあったねと いつか話せる日がくるわ
あんな時代もあったねと きっと笑って話せるわ 

                            中島みゆき『時代』より

震災から1週間。
いいニュースも悪いニュースもいろいろ聞こえてきています。
悲しかったり、怒れたり、嬉しかったり、いろんな感情が湧いてきます。

ほんと、いろんなことを思うけれど。
やっぱり気になるのは、肉親を亡くしてしまった人のことで。
妹ひとり亡くしただけでも、5年たってもこんなに悲しいのに、
家族全部なくしてしまった人のこととかを考えると、ひとごとながら泣けてきます。

その悲しみは、何年たっても消え去ることなどないだろうけれど。
いつか、きっと、笑える日がくるから。
「生きてて良かった。」と思えるときもくるから。
その日がくるまで、悲しみの中を泳ぎ切ってほしい。
家族はなくなってしまっても、周りには、まだ温かい人がいるから。
一人ぼっちなんかじゃないから。
だから、負けてしまわないで。
たくさん泣いて悲しんで、たくさん倒れたら、その後は、きっと、起き上がって。


どれほど雨が降っていても、冷たい雪が降っていても、
いつかはきっと、青空が見えるから。

あなたの笑顔を、たくさんの人がきっと待っている。


※ ブログ説明の言葉をちょっとだけ変えてみました。
  空は、誰の上にも、平等に広がっています。

[PR]
by yu-yan63 | 2011-03-19 22:31 | 祈り
ご無事ですか?
お久しぶりです。
ものすごい地震が起きてしまいました。
テレビから流され続ける映像に、言葉を失っています。
阪神・淡路大震災のときも、到底信じられないような光景が広がっていたけれど、
今回の津波被害は、あのとき以上のものかもしれません。
あとかたもなく何もかもなくなってしまった町々の姿。
いったい、どれほどの方がなくなってしまったのかと思うと、とても辛いです。

せめて、ひとりでも多くの方が、救助されますように。
そして、少しでも早く、避難されている方々が、元の生活に戻れますように。

私には、募金することと、節電することと、
そして、祈ることぐらいしかできないけれど、
せめて心から、何度でも、お祈りしたいと思います。


1年3か月ぶりのエントリーをこんな形にはしたくありませんでしたが、
黙ったままでいることができずに、書きこんでしまいました。

a0054232_21223868.jpg


被災地の方々がいつか立ち上がってくださることを願って、
1枚の菜の花の写真を置いていきます。

最後になりましたが、いつもこのブログをのぞいてくださっていた皆様とそのご家族のご無事を
心から願っております。
[PR]
by yu-yan63 | 2011-03-13 21:30 | 祈り